オトとヒカリα

オトとヒカリα

モノに囲まれた生活もいいでしょ

α7R2とSAL1680Zの可能性

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。

 梅雨にも入っていないのに昼間は夏のように暑かったりして着る服に困るくらいな気候ですね。でも湿度もそこまで高くなく1番気持ちの良い季節でもあります。

さて、本日はα7RM2にAPS用ズームレンズを装着テストしてみたお話です。

 

 


f:id:otohikarialpha:20180515090856j:image

 

 

ことの始まり

 

SEL24105Gがものすごい人気だと聞いて、色々レビューをみていたのです。

24mmで風景から105mmでポートレート、しかも寄れるのでテーブルフォトまで万能にこなすという噂で、

旅行などにはこの1本で十分すぎるという高評価。α7シリーズにMustなレンズだとか言われてます。

ぼ、僕も欲しい。でも高すぎる。

 

あれでも、ちょっと待てよ、と。

 

モノをすぐに収集してしまう僕に珍しく自制がかかったんです。

「この画角、なんか見覚えあるよ」と。

そこで引っ張り出してきたわけです、あいつを。

 

Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA (SAL1680Z)

 
f:id:otohikarialpha:20180518021402j:image


f:id:otohikarialpha:20180518024242j:image

2007年に発売された16mm-80mmのAマウント唯一のAPSカールツァイスレンズ。標準画角をカバーするズームレンズです。

広角24mmから望遠120mm(*)相当までをカバーする、

APS-Cフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用ズームレンズ。

デジタル一眼レフに最適化した光学設計により、

描写性能を保ちながらレンズのコンパクト化を実現し、

携帯性にも優れています。(*)35mm換算

www.sony.jp

フルサイズ換算すると24-120mm F3.5-4.5ということになりますよね。これは便利そうです。

NEX7につけて出かけたこともありましたがα7RM2を購入してからはめっきり出番が減っておりました。


f:id:otohikarialpha:20180518022050j:image

 

カールツァイスの入門レンズのような立ち位置で、安価でありながらカールツァイスらしい鮮やかで高い解像感を味わえますよ。という評価が多いレンズです。

本体もプラ製ということもあり、安っぽ…いやいや、445gと軽いです。ちなみにSEL24105Gは663gです。

僕は中古で購入しましたが、30000円前後で中古購入可能カールツァイスレンズなのにとても安価です。

 

LA-EA3との組み合わせテスト

早速α7RM2に装着しましょう。

手持ちでフルサイズに対応したマウントアダプタはLA-EA3です。α7RM2を買った際に位相差AFでAマウントレンズを運用するように購入しました。

特長

●EマウントカメラボディにAマウントレンズを装着するための

 35mmフルサイズセンサー対応のマウントアダプター
●すべてのAマウントレンズに対応(テレコンバーターは非対応です)
●フォーカスはMFとなります(*)
●マウントアダプター底面には三脚穴を搭載

* SSMレンズまたは、SAMレンズ装着時はAF使用可能

LA-EA3 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

ただし、AマウントレンズでAFが可能となるのはSAM/SSMのAFモーターが積まれているレンズのみです。僕の普段使用頻度の高いSAL24F20ZやSAL85F28に関しては、これらのAFモーターが搭載されておりAFが可能です。

さて、SAL1680Zはどうでしょう。


f:id:otohikarialpha:20180518022718j:image 

見た目はバランス的にもちょうどいいのではないでしょうか?標準ズーム付けてますという感じです。サイドにはツァイスのマーク。

早速シャッターボタンを半押し。。。

 

何も起きません。

 

ピーキング表示がでますし、MF専用ですね。

うむむ、残念。風景などであればMFでも十分だと思いますが。

ではこちらはどうでしょう。

 

LA-EA2との組み合わせテスト

 EマウントAPS用のマウントアダプタであるLA-EA2です。こちらは、アダプタ内にAFセンサーとトランスルーセントミラーが内蔵しており、AF対応のすべてのAマウントレンズで3点クロス15点AFが可能になります。

https://www.sony.jp/products/picture/y_LA-EA2_TMT.jpg

LA-EA2商品ページ

LA-EA2 特長 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

生産完了品ですので、中古で購入するかフルサイズ対応版のLA-EA4を購入するかになると思います。僕はキタムラで中古購入しました。


f:id:otohikarialpha:20180518022748j:image


f:id:otohikarialpha:20180518023429j:image

 

α7RM2では、LA-EA2とSAL1680Zを装着した時点で、自動的にAPSサイズのクロップモードに移行されます。ですので、液晶画面上はケラレなどはわかりません。


f:id:otohikarialpha:20180518021830j:image


f:id:otohikarialpha:20180518021848j:image

 

オフにするとこんな感じでケラレます。

 

気になるAFはというと…

LA-EA2のトランスルーセントミラーによってスムーズなAFができます。


f:id:otohikarialpha:20180518021813j:image

 

AFの点数としては中央15点(3点クロス)しかないのですが、

まあ、良しとしましょう。。。

これでα7RM2でSAL1680Zを運用が可能です。

ただし、4200万画素もある超高画素機であるα7RM2が1800万画素による運用になってしまいます。

 

それでも試す理由

 APSのEマウントであれば、NEX-7を持っています。じゃあそれに着ければいいだろうと。

おっしゃる通りです。全体のサイズ感としてもNEX-7の方がもちろん小さいですし、LA-EA2を使ってケラレが発生することもなく2400万画素使えるのです。

しかし、しかしですよ。

NEX-7が発売されたのは2012年、そしてα7RM2は2015年です。3年間で進化した技術できれいな写真を撮りたいのです。

 

DSC06348 SONY α7RM2Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA, ISO1600 24mm 1/60sec f/3.5

ワイド(35mm換算24mm)

 

DSC06349 SONY α7RM2Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA, ISO6400 120mm 1/125sec f/4.5

テレ(35mm換算120mm)

 

120mm、結構よれますね。ちょっとISO6400なのでノイズが・・・

テレ/ワイドで条件合わせるのを忘れた。。。すみません。

 

全然使えそうな感じがしてますが、

うーん、室内だけではちょっと分からないので今度どこかへでかけてみるとします。

1日SAL1680Z縛りで。



 

ご紹介した機材はこちら↓ 

 

 

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村