オトとヒカリα

オトとヒカリα

モノに囲まれた生活もいいでしょ

自然気胸入院日記 その② 入院2日目〜入院4日目

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。  

実は2週間ほど、自然気胸で入院していました。

気胸治療のつらさなど日記として残したいと思います。

 

僕もそうでしたが、経験者のこういったブログは本当に参考になりました。

入院生活は暇ではありますが、先の見えない不安との戦いですので、この記事も誰かの役に立てればうれしいです。

 

入院までの記事はこちら。

otohikarialpha.hatenablog.jp

 

 

 

 

入院2日目

 

あっという間に入院生活がはじまってしまった。

1日目の夜は予想通りほとんど眠れませんでした。

わき腹の違和感と不安。

管の入っている場所を気にしながら横になるのが難しく、全身色んな所に力が入った状態で寝ているため、少し寝ては目が覚めてしまうのです。

(ドレーンが入る箇所は人により違うので、寝やすいかどうかはそれにもよりそうです。)

 

なんとか朝を迎えて、食事。

問題があるのは肺だけなので、食欲はもちろん食事制限もありません。

(おかげで入院中全く痩せなかった。。。)

 

食事を終えると、早速レントゲンに呼ばれます。

ここで胸腔ドレーンにより空気の脱気具合と、肺の膨らみを確認します。

レントゲンの時に両手をあげるのが痛くて辛かった。。。

 

僕は驚いたのですが、

気胸は再発でない場合、基本的に脱気後は自然治癒になります。

薬もないし、安静にしてるだけ。

これはこれで焦ります。

 

夕方、内科の先生が来て

内科医「肺はしっかり膨らんでますのでこのまま待ちましょう」

 

とりあえず良かった。

けど、このわき腹の痛みと違和感に数日耐えないといけないのか。。

落胆の方が大きかったです。

 

入院3日目〜4日目

 

この頃になると管の違和感がほとんどなくなってきます。

ただ管の入っている側の腕はそんなに動かせないし、歩くときの姿勢もよくありません。

ただ、横になるのもままならず、座っているだけでは気分が滅入りそうなので、病院内を少し散歩したりスマホでゲームをしたりして時間を潰しました。


f:id:otohikarialpha:20180907161549j:image

どうぶつタワーバトルには助けられました。

すごい良い暇つぶしになりました。

入院中は何かに集中するというのはなかなか難しく、ほどよい気晴らしには気楽にやれるどうぶつタワーバトルがもってこいでした。

 

また、半身をかばって寝ているので、無理な態勢が響き腰や背中が筋肉痛のような状態がつづきます。

 

気胸の症状はというと、息苦しさはほとんどなく、

ほとんど正常な状態。と感じてました。

通常の呼吸では胸腔内からの空気漏れもなく普通に過ごせました。

毎日、内科の先生が来ては、咳をしてください。

と言われます。

 

咳をすると、胸腔ドレナージの中の青い水がブクブク泡をたてるのですが、

これはマイナーリークといい、まだ肺の穴が塞がっておらず、このままではわずかに空気漏れが起こるため退院できません

 

内科医「ちょっと回復が遅れてますが数日様子を見ましょう。」

この辺りでちょっと嫌な予感を感じました。

 

予感が的中するのはもう少し先なのですが。

 

 

5日目以降に続きます。

 

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村