オトとヒカリα

オトとヒカリα

モノに囲まれた生活もいいでしょ

ギズモード・ジャパンを読んでたらHelinox チェアワンを買っていた件

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。 

 

音楽鑑賞の秋。深まる。

新しいオーディオグッズが欲しくなるこの頃です。

 

今回はオーディオアイテムを買ったはずなのに、

気づいたらアウトドア向けのチェアを購入していたお話です。

 



f:id:otohikarialpha:20181105090217j:image

 

 

はじまりはヘッドホン

 

通勤時に聴くノイズキャンセリングヘッドホンの買い替えを考えていたのです。

これまで使っていたのはSONYのMDR-1000Xというノイズキャンセルが最高に効くヘッドホン。

www.sony.jp

 

電車の中で使用すれば、うるさい電車の音も人の話し声も気にならなくなるくらい静かな環境で音楽に没頭することができます。

 

 

とても気に入っていましたが、2年も使っているし買い替えたいと思っていました。

で、購入決定したのがこれ。

 

f:id:otohikarialpha:20181105001800j:plain

 

www.sony.jp

 

 

黒に映えるカッパー色のロゴがカッコ良すぎて、デザインで購入決定。

SONY WH-1000XM3をソニーストアの入荷待ちになってしまい、到着まで待ちきれずレビュー記事を探しては読んでいました。

 

ノイズキャンセリングの性能がやはりだいぶ高くなっているようで早くこないかなーと思っていたら、

ふと見つけたのがこちらの記事。

ギズモード・ジャパンさんの記事です。

 

www.gizmodo.jp

 

読んだ感想。。。

 

騒音のある場所にあえていってノイズキャンセルの性能を試す。その発想と実際にチャレンジしちゃうところがとても面白い。思わずつぶやく。

 

 

ってか

エクストリームチェアリングってなにーー!?

 

WH-1000XM3の性能がどうとかはもはやどうでも良くなりました。

(記事内ではノイズキャンセルの効き具合もしっかりレビューされているので読んでみてください。)

 

とにかくチェアリングが気になりだす僕。

 

 

チェアリング

 

チェアリング。。。

ネットで調べると結構記事がでてくる。

注目されているみたい。全然しらなかったのですが。

 

どうやらキャンプではない。

アウトドア用の椅子を持ち寄り、公園や河原、身近なところでお酒を飲んだり、語り合ったりすることをチェアリングと言うらしい。

 

キャンプやバーベキューなど大掛かりな装備ででかけたりするまではしたくないけど、椅子だけで気軽にアウトドア感覚を楽しめるなら、ものすごい良さそうです。なんだかこういうのを求めていた気がする。

 

さらになにやら、JCA 日本チェアリング協会なるものがあり、

1.人様に迷惑をかけない
2.ゴミは持ち帰る。むしろ掃除して帰るのかっこいい
3.市井の人々に威圧感を与えない
4.私有地に無断で立ち入らない
5.騒がない
6.公共の場を占有しない
7.装備を増やしすぎてキャンプにならない

 

こういったことまで書かれている。

何これ、楽しそう。

 

そしてチェアリングの入り口に立つ

 

早速同僚にチェアリングを説明。

いや、熱弁していた。

 

「わけが分からないが、その感じがすごい楽しそうだ。」

 

とみんな乗り気!さすがだわ。

 

早速チェアリングやろう!

となったのですが、ちょっと待てよ。と。

 

椅子がない!!

 

そう。

チェアリングの準備には持ち運びできる椅子が必要です。

というかそれ以外はいらないのですが。

 

1週間調べに調べて、

そして楽天イーグルス応援感謝セールに乗じて購入。

ありがとうございます、楽天イーグルス

こっちが感謝したいです。

 

 

Helinox チェアワン

 

色々と調べた結果、買うならやっぱり長く使えそうで安心メジャーなものを。

ということで、Helinoxのチェアワンシリーズを購入です。

 

f:id:otohikarialpha:20181105011146j:plain

 

どメジャーすぎて驚きも何もない、かもしれません。

あまりにもアウトドアの知識が長すぎて、完全に口コミに流されました。

色は家の中でも使うことを想定して、ブラックにしました。

 

 

モノがきて、やっぱり軽さと小ささに驚きます。

Helinox チェアワンシリーズは座り心地と軽量コンパクトさを併せ持つ、

フラグシップモデルでなんと本体は約890gと持ち歩きも余裕な軽さ。

このコンパクトなケースの中にチェアが入っていると思うとワクワクしますね。

ケースをいれても1Kgを切る軽さが素敵。

 

f:id:otohikarialpha:20181105011313j:plain

 

開けてみると、中には座面になるシートと骨組み(フレーム)。

チェアワンはシリーズがいくつもあるのですが、シートがメッシュ生地であるタイプ。

 

f:id:otohikarialpha:20181105013043j:plain

 

骨組み(フレーム)は軽量アルミポールとなっており、アウトドア・ファーニチャーでは世界的なブランドであるHelinox(DAC社)が最も得意とするものだそうです。

実際に持ってみると細くて軽いのに頑丈そうです。細さからすると折れないかな?と心配になるくらい。

 

組み立てが大変かな!?と思っていましたが、

フレームをまとめている輪ゴムを外し、フレームを持ってみると、アルミポールの中にゴムが柱のように通っており、ブルブル振るとほとんど勝手に組み上がっていくのです。

これなら説明書もいらず、とっても楽。

シート部分の端をフレームの先っぽにグサグサとさして完成!

 

f:id:otohikarialpha:20181105011043j:plain

 

試しに持ってみる。ほんとに軽い。

ブラックなら部屋にも馴染むしOK。

ここまで軽いと家の中でも色んな所に持ち運んで使いたくなる。

 

f:id:otohikarialpha:20181105013010j:plain

 

そして座ってみる。

 

肝心の座り心地は。。。

吊り下げ式のチェアということで、自分が座った重みで適度に座面が沈み、

体にフィットしてくれる感じ。

 

アウトドア用とは思えないほど気持ちいい座り心地。

しばらくチェアワンに座りすごしてみましたが全然疲れない。

 

オットマンがあれば寝れるレベルです。

ホントに家の中で使いたくなってくる。

 

これは良いチェアリングができそうととっても満足!

 

でもこれからの季節、メッシュはちょっと寒そう。。。

 

 

素人だけど冬対策もバッチリ

 

冬は寒そうだな、とネットをちょろっと調べると、

やっぱりありました、防寒装備。

チェアワンシリーズには楽しみ方を拡張できるような様々なアクセサリーが用意されていてどんどん欲しくなる。

 

とりあえずこれからのチェアリングに備えて防寒装備を発注。

 

f:id:otohikarialpha:20181105012718j:plain

 

シートウォーマーです。

 

 

色も明るいグリーンといった感じですごい好み。

記事のうすいダウンといったかんじで、座ると風は通さなそうだし、

ゴワゴワすることもなくデザイン的にもリビングの椅子でも全然いけそう。

これは良い。

(ただ、このシートウォーマーだけで550gくらいあります。チェア本体に比べるとちょっと重く感じる。不思議。)

 

いけそう。チェアリング。

 

 

まだ、都合が合わずチェアリングできていませんが、

チェアリングを開催したら、また記事にしたいと思います。

 

同僚のみんなへメッセージ。

買う買う詐欺はやめてよね。早く買ってください。

ひとりにしないでー。

 

 

 

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

フルサイズ対応Eマウント最広角レンズ! SEL1224G購入レビュー

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。

 

ずっと広角広角言っていた僕ですが、ついに買ってしまいました。フルサイズEマウントレンズの中で最も広角に撮れるレンズ「SEL1224G」を。

 

肝心の風景写真はまだじっくり撮れていないのですが、簡単に購入レビューを書いてみようと思います。


f:id:otohikarialpha:20181016131029j:image

 

 

 

広角レンズで風景写真が撮りたい

 

風景写真を撮るのが好きなのですが、これまでの写真を見返しても、やっぱり広角レンズで撮った風景写真は空広さや雲の流れの立体感が際立ちます。

 

DSC05035 SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA + LA-EA3, ISO100 24mm 1/100sec f/10

 

DSC00222 SONY α900, Distagon T* 24mm F2 ZA , ISO200 24mm 1/8000sec f/4.0

 

DSC09322 SONY α900, Distagon T* 24mm F2 ZA   ISO100 24mm 1/50sec f/22

 

より特徴的な風景写真にチャレンジするためにも広角レンズがほしいなと思っていました。これまでは焦点距離24mmの広角レンズ、AマウントレンズであるSAL24F20Zにマウントアダプタをつけて使用していましたが、もっと広角の世界を撮ってみたくなったのです。そこで目をつけたのが今回のレンズというわけです。

 

よろしければこちらもどうぞ↓

otohikarialpha.hatenablog.jp

 

 

SEL1224G (FE 12-24mm F4 G)

 

f:id:otohikarialpha:20181016143251j:plain

 

SEL1224G(FE 12-24mm F4 G)は2017年7月に発売された、Eマウント最広角となる12mmから24mmまでをカバーする超広角ズームレンズです。

12mmという広角をカバーしているのにも関わらず、レンズ自体は大型化せず、565gという軽量レンズで、小型ボデイのEマウント機とマッチするデザインになっています。

開放F値は4.0ですが、他社製の同様な焦点距離のレンズと比較しても非常に軽量でSIGMA 12-24mm F4 DG HSM Artよりも500gも軽いのです。つまり半分程度の軽さ!

最近のフルサイズ対応レンズは重く、高く、高画質という方向のものが多いですが、小型ボデイのα7シリーズには小型軽量のレンズが似合いますよね。

 

意を決してポチッと購入

 

f:id:otohikarialpha:20181016143307j:plain

 

購入は最近お気に入りのカメラのさくらや(おぎさく)」さんでネット購入。

荻窪カメラのさくらや

定期的にチラチラサイトを覗くのですが、季節ごとに特価セールやってますよね!?その上手い商売に度々私のせられてます。

今回もSEL1224Gのページにいくと特価適用の文字!

電話でお値段を問い合わせるスタイルなのですが、表示価格から予想以上の割引!!

ソニーストアの常連さんなら保障サービス内容でソニーストアで購入!なんでしょうが割安感には勝てません。

ここで、おぎさくさんで買っちゃおうかなと、心が揺らぎます。

 

そしてさらに!夏からソニーさんでやっているキャッシュバックキャンペーンの対象であるSEL1224Gは領収証や保証書、レンズ箱のバーコードを送付するだけで誰にでも適用されるありがたいキャンペーン!

これだけで10000円戻ってくるんです。

www.sony.jp

 

迫りくる紅葉の季節。

秋の澄み渡る空。

夏の名残が残る雲。

 

広角レンズで撮ってみたい。。。

ポチィ。

 

レンズが到着

 

f:id:otohikarialpha:20181016143630j:plain

 

思ったより大きくない。

そして軽い!!

重量は565gですからまぁこんな感じです。

 

f:id:otohikarialpha:20181016143743j:plain

 

欠かさず箱買いしている南アルプススパークリングほどの重さで、サイズは小さい。

小さいし軽いし、それでいて画角12mm F4という広すぎる画角。

撮るのが楽しみになってきます。

 

ちなみにレンズフードは固定式のため外すことはできません。

レンズの前玉がなかなかせり出していることもあり他のレンズで使えるような保護フィルターなどもつけることはできません。

 

f:id:otohikarialpha:20181016144001j:plain

 

フードカバーも独特で、レンズ前部分を覆う形。カポッとはめ込みます。

カバーにはしっかりと押し止め式で、固定できますので落ちることもないでしょう。

 

僕が持っているフルサイズ対応の広角レンズはAマウントのツァイスレンズ、SAL24F20Zになりますが、それとサイズ感を比べてみましょう。

 

f:id:otohikarialpha:20181016144306j:plain

 

左がSAL24F20Z、右がSEL1224Gになります。

背丈はSEL1224Gのほうが高いですが、重さはSAL24F20Zは555gと同じくらいなんです。広角で撮るためにかなり大きな前玉なのですが、軽いですね。

 

初めて見る広角12mmの世界

 

とにかく広かった。

 

DSC08479

 SONY α7R2, FE 12-24mm F4 G, ISO100 12mm 1/1250sec f/4.0

 

12mmという画角は、なんだか唯一無二感があって良いです。

目に映るものすべてが写真の中に収まっているという感じ。

開放F値での撮影ですが、解像感もすばらしいです。

評判通り。

ホント広い。海とか、夕焼け空とか撮りたい。

 

DSC08480

 SONY α7R2, FE 12-24mm F4 G, ISO100 24mm 1/1250sec f/4.0

 

そしてこちらが、望遠端の24mm。

これまでフルサイズ対応の広角レンズで使ってきた画角なのですが、

こうやって12mmと比較するとかなり撮れている範囲が違いました。

やっぱり12mmはめちゃくちゃ広い。

24mmという画角も広角ですが、これまで使ってきた慣れている画角でもあり街歩きでも全然使えそうです。

 

12mmという超広角画角はどこにでも使える画角というわけではなさそうですが、

風景写真を撮るのは非常に楽しみです。

 

ふらっと夜道を散歩して撮ってみました。

12mmはホントに広い画角ですが、開放F値が4.0であるため夜の屋外では光量不足となりISO感度がかなり高くなってしまいます。ISO12800での撮影です。

 

DSC08412

 SONY α7R2, FE 12-24mm F4 G, ISO12800 12mm 1/8sec f/4.0

 

12mmでは夜空もばっちり入っていますね。

気になるのは周辺の解像感かと思いますが、十分ではないでしょうか?

 

DSC08413

 SONY α7R2, FE 12-24mm F4 G, ISO12800 24mm 1/13sec f/4.0

 

12mmと24mmではやはり画角がかなり違います。

ここが公園ですぐとなりに道路があるな、などは24mmでは伝わらない情報になりますね。12mmでは写真に収まる情報量も増やすことができそうです。

 

これらの写真ではISO12800なのでなかなかノイジーな画になってしまっていますが、もう一つの注目点はシャッタースピードです。

12mmの写真は1/8秒、24mmの写真は1/13秒での撮影です。

ISO感度が12800ということでノイズが目立つこともありますが、手ブレの影響はほとんど感じませんでした。

 手ブレの影響を考えるなら、1/焦点距離sec以上のシャッタースピードにする、というのはよく言われていますが、標準〜望遠レンズでの撮影より、長めのシャッタースピードでもブレの影響がでにくくなるということでしょうか。

 

動画を撮るためにも広角

 

このレンズを購入したもうひとつの理由は「動画」です。

これからは動画も一眼で撮ることが増えそうだなと思い、動画用のレンズを探していました。

 

α7R2では4K動画も撮ることができますが、写真を撮るときに比べて4K動画モードでは撮影できる範囲が狭くなってしまう場合があります。 

下記の公式ページのように説明書きがありました。動画モードには2つのフォーマットサイズがあり、「35mmフルサイズ」「Super35mm」となります。

 

https://www.sony.jp/products/picture/original_a7Rm2_super35mm.jpg

Super 35mm(APS-Cサイズ相当16:9)時は画素加算のない全画素読み出しにより、モアレやジャギーの少ない圧倒的な解像力を誇る4K動画画質を実現。さらに世界で初めて(*)フルサイズ領域での4K動画記録にも対応し、フルサイズの表現力そのままに高解像な4K動画を記録できます。表現や用途に合わせてSuper 35mmと35mmフルサイズを選択することが可能です。

α7R II 特長 : 高解像4K動画記録 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

 

Super 35mmモードでの撮影のときはAPS-Cサイズ相当になるので、撮影画角もAPS-Cサイズ、つまり、1.5倍画角での動画撮影になるのです。だし、画質は上がりますよー。ってことみたいですね。

 

画角が狭くならないように、常に35mmフルサイズで動画が撮れるようにSuper35mmモードを「切」にしておけば良いのかもしれませんが、Super35mmモードの方が画質が良いと書かれている方もいたりして、Super35mmでも広い画角が撮れる方が良いなと思ったわけです。

 

例えば先ほどの写真で説明すると、

 

DSC08479

 SONY α7R2, FE 12-24mm F4 G, ISO100 12mm 1/1250sec f/4.0

 

これは12mmで撮ったもの。これが、Super35mmモードで動画撮影すると、

 

DSC08481

 SONY α7R2, FE 12-24mm F4 G, ISO100 16mm 1/2500sec f/4.0

 

これくらいクロップされます。これで16mmの画角。

実際は18mm相当なので、これよりも若干狭い画角になりますが、広角レンズであればそこまで気にならないかもしれませんね。

これが仮に50mmの焦点距離のレンズであれば75mmの画角になるわけで、1.5倍クロップはなかなか影響があるなという印象です。

 

また、動画を撮るときは手ブレが気になりますが、広角レンズであれば、

望遠側で撮るよりは多少は気にならなくなります。

室内で撮るときは、人物の周辺までが画角で収まるようになりますし、

そういった面で広角レンズは動画撮影に適しているなと思います。

 

4K動画のデータは扱いにくい

 

ただ、4Kの動画は僕のPC環境では扱うには重すぎるデータです。

編集にも時間がかかりますが、エンコード時間が半端ない。。。

 

でも後々のために4K動画は撮っておきたい。

でもでも簡単に見たりシェアをするためにFHD動画でも撮りたい。。。

 

そしたらこんなのできました。

 

f:id:otohikarialpha:20181016144343j:plain

 

α7R2のシュー部分にアタッチメントを噛ませて、その上にアクションカムを設置!

 

上からはアクションカムで広角FHD動画。

下からは写真と、たまに4K30pの動画をSuper35mmモードでも18mmの広角で。 

これで完璧なはずだ。

 

 

みなさんも超広角レンズで風景写真、動画を撮ってみませんか?

 

  

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

家族が増えました [雑記]

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。

 

いつもオトとヒカリαを読んで頂きありがとうございます。

今回は記事というより報告です。


f:id:otohikarialpha:20181004111943j:image

 

この度、家族がひとり増えました。

 

まだ、ダッフィーのぬいぐるみよりも小さな我が子ですが、

どんどん大きくなっていく成長を見守って行きたいと思います。

 

夫婦の希望で立会い出産にしたのですが、

夫としては何もできない無力さしか感じない一日でした。

陣痛が始まってから12時間ほどで安産だと言われましたが、

世の中のお母さんは本当にすごいですね。。。

 

不思議な感じでした。

分娩室にいる時は、助産師さんに「ご主人」と呼ばれていたのに、

夜が明けてからは「パパ」と呼ばれる。。。

昨日までは何もしていなかったのに、子育てが始まる。

がんばります。 

 

仕事柄、ライフステージが変わった時に何が欲しくなるのかを考えよう

と言われることが多いけど、体験しないと分からない、やっぱり。

赤ちゃん用の保湿クリームが欲しすぎて30分以上ドラッグストアをウロウロしていた。そんな自分を想像なんてしてなかった。。。

 

もうひとつうれしいのは、家族の中でカメラの存在価値が高くなったこと。

SEL55F18Zを買っておいてよかった。

一日に何枚も撮り続けても喜ばれる。


f:id:otohikarialpha:20181008122559j:image

 

なんて素晴らしい。

なんとかかわいい写真を撮ってあげたい。

動画も撮りたい。

ということで、レンズがまた増えたのでした。

その話はまた後日。。。

 

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

お気に入りのイヤホンを無線化 SONY MUC-M2BT1

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。

 

今日は普段使っているオーディオアイテムの紹介です。

最近は左右の耳に無線化したイヤホンをつける独立型無線イヤホンが流行ってますね。

デザインの面でまだほしいと思うものがなくて僕は使っていません。

完全独立型とは行きませんが、お気に入りのイヤホンを無線化できる便利なアイテムです。


f:id:otohikarialpha:20181004103438j:image

 

 

 

イヤホンを無線化したい理由 

 

退院してから、手術跡の痛みはないのですが、やはり傷跡の違和感が残ります。

通勤時間が長いので音楽を聴きながら電車で過ごしたいのですが、バッグの向きや持ち方で傷跡が気になるのでむやみに体勢を変えたくはありません。

 

otohikarialpha.hatenablog.jp

 

 

普段は有線のイヤホンをWALKMAN WM-1Aに接続しているのですがケーブルがちょっと気になるときがありまして。。。

 

f:id:otohikarialpha:20180714161321j:plain

 

しばらくは体勢などを気にしなくてもいい無線方式で行きたいなと思いました。

自分の動きに少しでも自由は欲しいけど、いつもと変わらず音楽も聴きたいわけです。

そこでMUC-M2BT1の登場です。

 

SONY MUC-M2BT1

 

https://www.sony.jp/products/picture/MUC-M2BT1.jpg

MUC-M2BT1は2016年に発売された、「ワイヤレスオーディオレシーバー」

ワイヤレスオーディオレシーバーとは何だ?

という方も多いかもしれませんが、無線(Bluetooth)でスマホやオーディオプレーヤーから音を受信する機械ってことです。

ただし、MUC-M2BT1は画像の通り肝心の音を聴くためのイヤホン部分は付属していません!!

では、どうするのかというと。。。

 

自分の持っているイヤホンの先端部分を接続して使用するのです。

公式サイトにわかりやすい説明図がありました。

 

https://www.sony.jp/products/picture/y_MUC-M2BT1_001.jpg

 ソニー商品ページより

 

こういうことです。

普段使っているイヤホンを無線(Bluetooth接続)化できますよ!というとてもおもしろいアイテムです。

ネックバンド型なので装着するとこんな感じ。

 

https://www.sony.jp/products/picture/y_MUC-M2BT1_002.jpg

 ソニー商品ページより

 

こういうのしてる人、電車で結構みますよね?

今僕もそう。

それをイヤホン交換式で自分用カスタムバージョンにできるってことです。

自分用にカスタム。とても良い響き。

 

ネックバンド型、服装などによっては邪魔なこともあるかもしれませんが、本体はとても軽いですし全然気になりません。

見た目(デザイン)が気になる方はいるかもしれませんね。

 

もちろん、もともとイヤホンも一体型になっているタイプや、耳栓のような独立型の無線イヤホンも沢山でていますので、それでいいのでは?

と言われてしまうとそうなのですが、

少しでもこだわっている感じとか、自分だけのイヤホンになる。というところが気に入っています。

 

せっかくヨドバシカメラで沢山試聴して有線式のイヤホンを選んだのに、無線にするともう使えない!

ということもこれでなくなるわけです。

 

2年前に発売されてものですが、LDACなど(ハイレゾ相当の)高音質Bluetoothコーデックにも対応しているので現在でもほぼ最新機種として使用することができます。

後継モデルはおそらくでていませんし、

まだソニーストアでも購入できるようですし。

 

www.sony.jp

 

実はだいぶ前から持っていたのですが、やっぱり有線の方が音質いいだろ、ってことで使用頻度は低くなっていました。

しかし今では思い出したかのように毎日使用してます。

仕事中も無線だと動き回れてとても便利です。

 

 

どんなイヤホンが装着できるの?

 

どんなイヤホンでも接続できるわけではありませんので注意が必要です。

接続する端子部分が「mmcx規格」というものでなければ接続ができません。


f:id:otohikarialpha:20181004123232j:image

 

イヤホンのケーブルが取り外しできるイヤホンであればmmcxはとてもメジャーな規格なので対象の可能性は高いですが、確認は必ずしてください。

 

例えばこれ。

f:id:otohikarialpha:20180714161333j:plain

 

僕の持っているSONY EX-1000もケーブル部分が外れるタイプなのですが、規格が「mmcx」ではなく、装着はできません。。。

 

otohikarialpha.hatenablog.jp

 

逆に言うと、「mmcx規格」であれば大抵のものは接続できるのでしょう。

 

公式ページでは、

ソニー製 XBA-N3、XBA-N1、XBA-Z5、XBA-A3、XBA-A2、XBA-H3、XBA-H2、XBA-300の付属ケーブルを付け替えてワイヤレスで音楽再生

公式ページより

と書かれていますが、

「e-イヤホン」さんのブログでは他のメーカーのイヤホンとも接続を試した記事が書かれていますし、mmcxならば大丈夫なのでしょう。「自己責任」になるのでしょうが。

 

僕は、SONY XBA-N3というイヤホンと接続をしています。


f:id:otohikarialpha:20181004103124j:image

 

こんな感じで簡単に接続可能です。

接続部分の径もピタッと合っていて、見た目も意外と良いですよね。

これは純正のいいところかな。

 

 

肝心の音質は驚くほど良い

 

気になるのは音質ですよね。

と言ってもBluetooth接続になるだけで耳元は普段聴いているイヤホンなわけです。

音質はそれがベースにあって、あとは無線化することによる音質の劣化ということになります。

MUC-M2BT1はBluetooth規格4.1。最新のバージョンが5.0なので(おそらく)、少し前の規格に対応していることになります。

Bluetooth4.1以降では転送速度と通信範囲が広がっているようですが、MUC-M2BT1の仕様をみても通信範囲は10mとなっているので十分です。

また、音質に関しては「LDAC」に対応しているので心配なし。

SBC等の既存Bluetooth向け圧縮技術とは異なり、ハイレゾ音源を低い周波数・低いビット数へダウンコンバートすることなく処理します*1 。また極めて効率的な符号化やパケット配分の最適化を施すことで、従来技術比約3倍*2のデータ量の送信を可能とし、これまでにない高音質のBluetooth無線伝送を実現しています。

Sony Japan | LDAC™で高音質ワイヤレスリスニング

CD以上に高音質(?)と言われているハイレゾ”相当”の音質のまま無線で音楽を聴けますよということです。

公式ページにも注意書きがあるように、ハイレゾ”相当”であって完全なハイレゾではないようですが、僕なんかでは正直分からないレベルの高音質領域でしょう(笑)

音質の劣化もLDAC接続しておけば、まず気にならないと思います。

MUC-M2BT1は低音が少し強めに味付けされているように感じますが、海外メーカーほどあからさまではないですし、とても心地よい聴きやすい音です。

ヴォーカルや楽器の音もとても細かく聴き取ることができますし、音が潰れたりもなく、ちょうどよい音づくりという感じで、万人受けする音だと思います。

それに自分の好みで選んだイヤホンを接続できるのですから、不満に思う音にはなりづらいかなと思います。

遮音性などに関しても、装着するイヤホン次第なので、そこも自分で選べますしね。

 

2台の端末とペアリング可能も便利

スマホとオーディオプレーヤーの2台と同時にBluetooth接続しておくことが可能です。


f:id:otohikarialpha:20181004123254j:image

 

オーディオプレーヤーで音楽を聴いている時に、スマホでニュースサイトを見ていたりして動画があったりする時は、そちらの音声に切り替えることができるのです。

これは便利!

ただし、機器とのBluetooth接続をNFCで行うとマルチポイント接続にならないようなので、ご注意。スマホやオーディオプレーヤーのBluetooth接続画面から手動で接続するようにしましょう。

 

意外と便利なマイク付

無線イヤホンでは当たり前かもしれませんが、このMUC-M2BT1にもマイクが内蔵されています。

XBA-N3という高音質イヤホンでLINE無料通話が可能になるわけです!!

意味ないですけど(笑)

仕事帰りに音楽を聴いたままスーパーに寄って買い物をしたりしますが、「あれ?牛乳あったっけかな??」という時に家にLINE通話をしてそのままMUC-M2BT1で会話するわけです。音声は音楽から自動で通話の方に変わりますし、スマホを持たずに歩けますので買い物かごを持つのも楽です。

地味に嬉しい機能。

 

首元にボタンがあるのも良い

 

MUC-M2BT1はネックバンドの部分に音量調整ボタン(長押しで曲送り)と電源ボタン(再生/停止ボタン)があるのですが、これも便利です。


f:id:otohikarialpha:20181004123308j:image

 

オーディオプレーヤーやスマホを出さずに操作できますし、首元なので簡単に操作することができます。

 

音質にこだわる人にもおすすめ

Bluetooth LDAC接続に対応していてハイレゾ相当の高音質で音楽が聴けて、自分の好きなイヤホンに接続できる。

また、スマホとも接続すれば内蔵マイクで通話もできるという、

超便利アイテム「MUC-M2BT1」の紹介でした。

 

 

 

 

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

wena wrist pro 6ヶ月使用感 レビュー 日常生活に溶け込んだスマートウォッチ

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。

 

このブログでアクセス数を多くいただいている「wena wrist pro」ですが、

今月で購入後6ヶ月が経ったことになります。


f:id:otohikarialpha:20180920102556j:image

 

6ヶ月経っても順調に稼働している僕のwenaですが、

簡単に使用状況や使用感をレビューしてみたいと思います。

 

 

 

僕のwena wrist pro

 

「僕の」…いきなりこんな風に言えるのがまずwenaのうれしいところなのですが。

 wenaとの組み合わせで使っているのは10年ほど前から使っているPaul Smithの時計です。

 

f:id:otohikarialpha:20180424112951j:plain

 

wenaはラグ幅などに注意すれば、自分が普段使っている時計(ヘッド部)と組み合わせで使えるのが特徴です。

愛用している腕時計にスマートウォッチの機能を追加することができます。

僕のこの組み合わせで使っている人は世界にまずいないと言っても良いのではないでしょうか?そういった世界にひとつの腕時計にできるのです。

 

otohikarialpha.hatenablog.jp

 

 

もちろんヘッド部有のモデルも売られていますので、公式サイトを参照ください。

BeamsSEIKOなどとのコラボモデルなどもあって、すごい人気らしいですね。

 

wena.jp

 

 

使用1ヶ月~3ヶ月での感想

 

1ヶ月と3ヶ月使用レビューに関しては、以前記事にしておりますので、こちらをご覧いただければと思います。

一週間の電池持ちの推移や装着感などをレビューしていましたね。

この半年の中でもソフトウェアアップデートが度々入り、その度に着実に不満点が解消され、より使いやすくなってきています。

 

otohikarialpha.hatenablog.jp

  

otohikarialpha.hatenablog.jp

 

6ヶ月経って生活に溶け込んだ

変わらず使い続けてます。

スマートウォッチとして扱うというよりは、wenaはあくまでバンド部にあるので、

感覚的には普通の腕時計です。僕の日常に完全に溶け込みました。

違和感は全く無いですし、むしろバンドをwenaにしたことでかっこよくなりました。

 

f:id:otohikarialpha:20180507214941j:plain

 

 

充電の速度がほんとに速い 

あと、思ったよりも充電の手間を感じないです。

過去記事でも書いてあるように5日間程度の電池持ちなのですが、

朝、家をでるまでの20-30分間充電するだけでも思った以上の充電量で、

1日もつだけの充電はこれで十分な気がします。

充電のスピードがはやいのは大変助かりますし、気づいた時にちょこっと充電しておくだけなのであんまり苦じゃなくなりました。クリップ式も簡単ですし。

 

f:id:otohikarialpha:20180506011900j:plain

 

スリープモードが効果有り?

電池持ちのことでもう一つ挙げると、最近のアップデートによって「おやすみ時設定」という項目が追加されました。

これは指定した時間には自動でおサイフ機能(edyなど)以外をオフ状態にして電池の消費量を下げられるモードです。


f:id:otohikarialpha:20180920184015j:image

 

僕は0:00-7:30で設定しているのですが、

このモードの効果か電池持ちが少しのびているように感じます。

こういったソフトウェアアップデートが細かくされているところもうれしいポイントです。 

 

やっぱり通知機能が便利すぎる

 

通知機能がやっぱり便利です。

LINEなどでなにか連絡がきた時に相手と内容を手首を返すだけで確認できるのは、

本当に便利です。

 

f:id:otohikarialpha:20180508223010j:plain

 

嫌な意味でなくて、すぐに返さなければいけいないのかどうかをスマホをみなくても判断できますので。

アプリによって振動のパターンや振動の大きさも変えられるようにアップデートされましたし、通知機能についての一切不満がなくなりました。

 

f:id:otohikarialpha:20180508001542j:plain

 

アプリごとにカラーと振動パターン、回数までが指定できます。

これは神アップデートでした。

 

おサイフ機能は?

ようやくedyのチャージを1000円だけしました(笑)。非常時の財布として。


f:id:otohikarialpha:20180920184530j:image

 

電子マネーも使えることが特徴のwenaですが、障壁は少なからずあります。

特にAndroidユーザーにとっては、初期設定がiOSからのみなところも変わっていません。

また、コンビニやチャージ端末を使ったチャージもやはり、めんどくさい。。。

 

ただ、着実に改善方向にはきている気がします。

例えば、一部対応機種のみ(僕のは対応してなかった。。。)ですが、

Edyチャージアプリを使えばAndroid端末を使ってedyのチャージができるようになりました。

iOSの場合は、おサイフリンクアプリからチャージが可能です。

 

news.wena.jp

 

このままオートチャージ機能までたどり着いたら、、、

最高ですね。

 

 

もちろんこれからもwenaユーザー

 

世間では、IFA2018で各社がスマートウォッチの新型を発表したり、appleもapple watch4を発表したりと着々とスマートウォッチが進化していますね。

でも僕はこのまま電池の不具合とかがなければ「wena wrist pro」を使い続けていきたい思っています。

 

過去記事をご覧いただければわかるのですが、僕も過去にAndroid wearAndroidのスマートウォッチ)をしばらく使用していました。

 

otohikarialpha.hatenablog.jp

 

最新のデバイスとして便利なところももちろんあるのですが、

やっぱり僕にとっては腕時計って文字盤のメカメカしさはとっても大切で、つけているとずっしりと重さを感じる。

そういうところに愛着が湧いてくるんです。

 

あ、wenaですごい新型がでてもいいんですけどね。そしたら変えます、買います。

 

 

エンドピースはこちら

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

東扇島東公園をゆるーくお散歩 [SEL5518Z SAL24F20Z]

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。

 

秋が近づき、気温も過ごしやすくなってきました。

最近、コストコのチーズバーガーとハイローラーにはまってしまい、かなりの頻度でコストコに行きます。

 

この前、良い夕焼けの空になりそうだったので、

コストコで夕飯を調達する前に東扇島東公園をゆるーく散歩してきました。



f:id:otohikarialpha:20181007092701j:image

 

 

 

東扇島西公園ではなく、東公園

 

神奈川県川崎市の東の東。工場地帯にある東扇島には2つ大きな公園があります。

前回6月には東扇島西公園に行ったので、今回は東公園に行くことにしました。

西公園は釣りのスポットで有名なところのようで、猫がたくさんいます。

 

 

さて、東扇島東公園の場所ですが川崎のコストコからはほど近い場所にあります。

 

 

周りは工場や物流センターばかりですが、海に面していて気持ちの良い公園です。

 

 

東公園は家族で遊べる

 

さて、車で東公園に到着です。

駐車場も完備していて、2時間で200-300円で利用できます。

細長ーい形をしていた東公園とは違い真四角で大きな公園という印象です。

バーベキューなんかもできるみたいです。

 

DSC07457SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/1600sec f/4.0 

 

西公園は釣り場という感じでしたが、こちらは親子などで遊べる広い公園といったかんじですかね。

 

DSC07381SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/1600sec f/4.0 

 

ひろーい空間に芝生があったり海沿いの遊歩道があったり散歩するにはちょうどよい公園です。

 

 

海沿いをゆるーく散歩

 

DSC07380SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/2000sec f/4.0 

 

DSC07400 SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/640sec f/8.0

 

海沿いの遊歩道?を歩きながら夕焼けを待ちます。

対岸には工場地帯が見えます。

夜も工場夜景がきれいなんでしょうね。工場夜景、男なら撮りたくなるテーマですよね。

 

DSC07388 SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/2000sec f/4.0

 

川崎の東の端なので、羽田空港も近くなのですが、

離陸直後の飛行機が通ります。

僕は望遠レンズを持っていなかったので撮っていませんが、バズーカレンズを担いでいる方もチラホラいました。

いつかはほしいバズーカレンズ。

 

DSC07411 SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/125sec f/8.0 

 

この建物なんなんでしょ。

独特な形をしているのでいつも被写体になってもらってますが。

まぁいいか。

 

心地よい海風とゆっくり進む時間

 

写真を撮りながらゆっくり歩くのですが、この公園はとてもいい感じですね。

夕方になればだいぶ涼しいので海風で過ごしやすいですし。

(髪とかパサパサになるけど。)

 

DSC07434SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/640sec f/8.0 

 

ドッグランスペースなんかもあるので、イヌが自由に駆け回っているのを眺めたり、行き来する船を眺めたり、広い空を眺めたり。

とにかくぼーっとする。

 

癒やし空間でした。

たまーにこういうゆったりした時間を過ごすのは息抜きになります。

 

 DSC07432 SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/500sec f/2.0 

 

今度はなにか遊び道具とか持ってこよう。

 

DSC07456 SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/800sec f/4.0  

 

夕暮れ時の空は本当に好きです。

広角レンズで空全体を撮れば雲の形や流れもばっちり。空の大きさを改めて感じます。

 

DSC07436 SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/640sec f/8.0 

 

休日だからかとっても静かな海。

たまーに飛行機の音が聴こえるだけ。

 

西公園との違い

 

東公園にも海沿いに遊歩道があるのですが、実はここは釣り禁止です。

ご注意ください。釣りをしたい方は公園外か西公園へ。

 

DSC07402 SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/2500sec f/1.8

 

DSC07417 SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/800sec f/8.0 

 

こういった写真は広角レンズならではという感じですね。

久々にSAL24F20Zで沢山撮らしてもらいました。いいレンズです。

 

撮影機材

 

今回使った機材たちはこちら。

広角レンズSAL24F20Zをかなり多用しました。

やっぱり風景撮りに広角レンズはいいですねー。

 

 

 

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

座間のひまわり畑に行ってきた [α7R2]

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。

 

8月の後半、夏の風物詩「ひまわり畑」の写真を撮りに神奈川県座間へでかけてきました。


f:id:otohikarialpha:20180830100307j:image

 

 

 

座間の「ひまわりまつり」

 

神奈川県座間市で毎年行われている「ひまわりまつり」は神奈川県ではかなり有名です。

ひまわりまつり~55万本が咲き誇る座間市のひまわり畑 | 座間市ホームページ

なんでも55万本のひまわりが咲いているとか!?

goo.gl

 

日帰りで行ける距離だったのですが、訪れるのは今回が初めてで楽しみにしてました。

 

車で日帰り

 

夏休みということもあり高速道路は混んでいそうだったので下道でタラタラ向かいましたが、

会場までの道がそこそこ分かりづらい。

 

ようやく近くまでたどり着き、案内の看板が見えてくると、駐車場に入るための車の行列が。。。

行列に並び、いよいよと準備を始めたのですが、

ここからが長かった。。。

 

会場と思われるひまわり畑を横目に車の列はそこを通り過ぎ、どんどん奥へと誘導されます。

ボランティア?(バイト?)の方や近くの警察の方も誘導に入られていたようですが、この暑い中お疲れ様です。

と思いながらもどんどん車は奥へ。

どれだけ離れるんだと気づいたら着いたのは河原。どうやら相模川の河原が臨時駐車場のようです。

 

もし、来年行かれる方がいらっしゃいましたら、

河原は砂けむりもすごいですし、大きな石もゴロゴロ、河原から会場までは階段などを通りますので動きやすい靴で行かれることをぜひおすすめします。

 

 

一面のひまわり畑は圧倒的

 

会場へつくとほんとに一面のひまわり畑。

どこまでがひまわりまつりの会場なのかもよく分からないほど広大です。

出店などもあり、お祭り気分も味わえます。

 

DSC07269

SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/320sec f/14

 

そして、カメラの数がすさまじい。

みなさんバシバシひまわりを撮影してます。

それを見てなんだか焦る!早く撮らねば。

 

DSC07275

SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/800sec f/8.0

 

会場にはSNS投稿用に撮影アイテムが用意されていたり、上から見下ろすように展望台が設置されたりと見る側への工夫も沢山されていました。

 

また、200円だったかな???で摘んだひまわりを持ち帰ることもできるみたいでした。

 

ひまわりをひたすら撮る

DSC07325

SONY α7R2, Distagon T* 24mm F2 ZA, ISO100 24mm 1/400sec f/8.0

 

本当に一面ずっとひまわり畑です。

なんか想像よりも背丈が高く、歩くと顔の位置の高さにひまわりの花がある感じ。

 

 

DSC07320

SONY α7R2, Sonnar T* 35mm F2.8 ZA, ISO100 35mm 1/640sec f/7.1

 

夏のジリジリした暑さの中、ひまわりの隙間を歩き回っては写真におさめます。

青い空と黄色いひまわりは画になるなという感じですね。

なんか最近はやっぱり35mmの画角が好きかもしれません。狭すぎず広すぎず撮りやすい感じがします。

 

DSC07234

SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/6400sec f/1.8

 

河原が近いからか風がとても強い。

ひまわり一輪だけにピントを合わせて撮ろうとするのが意外と難しかったです。

シャッタースピードは問題ないのですが、

背が高いひまわりが風でゆらゆら揺れるのでなかなか中心にきてくれません。

 

DSC07268

SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/8000sec f/1.8

 

風が強いので、場所によってはひまわりが倒れてしまっている箇所もありました。

でもおかげで上から下までひまわりの花が沢山フレームイン。 

 

DSC07259

SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/8000sec f/1.8 

 

SEL55F18Zでも今回かなり撮影を行いました。普段多く使っている広角レンズとは違い被写体との関係が近くなるので積極的に開放F値でボカして撮りたくなりますね。

AFも最近のカメラは本当に性能が高いのでぴしゃっと撮れますし。 

 

DSC07232

SONY α7R2, Sonnar T* 55mm F1.8 ZA, ISO100 55mm 1/640sec f/8.0

 

F8くらいまで絞って撮ると空だけがボケていい感じです。

僕は買わなかったのですが、多くの人が記念に?ひまわりの切り花を買われていました。

自分で好きなひまわりを切って持って帰れるようで、みなさん楽しそうに選んでいました。買えばよかったかな。

 

DSC07311

SONY α7R2, Sonnar T* 35mm F2.8 ZA, ISO100 35mm 1/8000sec f/4.0

 

非常に暑い真夏日でしたので、水分補給は忘れずに。

暑かったので1.5時間くらいで会場をあとにしましたが、来年からはもう少し西日の状態で撮ってみたいなと思いました。

青い空とひまわりも良いのですが、夕焼けとひまわりとかも良さそうですよね。

  

今回の機材

 

今回のカメラ機材はこちら。

もはや最近の僕の定番セットになってます。

 

 


f:id:otohikarialpha:20180830102859j:image

 

 

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村